2013年06月02日

いつの間にかもう1年未更新、犬の癌について書いてみようか、、、

北海道旅行の記事を公開せずに保存していて、気づいたらもう1年も更新していませんでした。

1年前・・・
実家の柴犬のガン摘出手術があり半年ほど闘病生活を送った昨年末、
最期は両親に看取られて天国に旅立ちました。

お犬様のガンがわかったときには、レベル3のうちのレベル2でした。

肥満細胞腫瘍というガンでした。
皮膚にコブができていました。

今まで飼ってきた犬で、ガンになった子は初めてだったので、
最初は、病院でもガンという診断がされず、
病理検査をしてガンという診断がされたのは、コブがあるのに気づいたかなり後でした。

手術後は、抗がん剤を服用し、副作用として、水分をたくさんとるようになり、
食事も量も回数もかなり多くなり、頻尿、軟便、夜中でもトイレに行くようになりました。

離れて暮らしていましたが、最期の半年は頻繁に帰ることができ、
お犬様と過ごすことができました。

手術後、元気にお散歩も行ったりしてました。

image-20130602164100.png



肥満細胞腫瘍、抗がん剤で調べると、
抗がん剤服用後、半年で急死しました、
というブログ記事も多く、心配したのですが、うちも約半年で、急死しました。

手術をしなければ、まだ生きていたんじゃないか、とか、
早期発見できていれば違ったんじゃないか、とか、
でも、手術しないでいたら、もっと早く亡くなっていたかもしれない、とか、
いろいろ考えても、今更ながら、何とも言えません。


実家のお犬様が亡くなってから、帰る回数も減りました。
本当は、犬がいない分、寂しくなった実家に頻繁に帰らなきゃいけないとは思ってるんだけど、犬がいない家が寂しすぎて、仕事の忙しさを理由に全然帰ってませんでした。
今月は、数ヶ月ぶりに帰ります!

小太郎さんのお墓参りにも行かないとね。

image-20130602163757.png


posted by まゐ at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする blogram投票ボタン

2012年05月27日

おうちに戻って、とりあえず、安心

本日の父からのメール

病院に連れていきました、車から降りないと父と一悶着しましたが、なんとか降りて貰い検診を受ける事が出来ました、結果は問題無いようです、先生には慣れたようで素直に受診しましたよ、このまま良くなればと思います。


image-20120527174924.png


しばらくは、毎日病院通いになるらしいけど、毎回、車から降りたくないって、抵抗するんだろうな〜、お犬様。。。
posted by まゐ at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする blogram投票ボタン

2012年05月26日

肥満細胞腫瘍 レベル2

父からのメール

今帰宅しましたよ、肥満細胞腫瘍だったそうでガンの一種だそうです、レベル3のうちのレベル 2た゛そうです、抗がん剤を毎日飲みつづけるそうです、良く頑張ってきたと思います、エリザベスもだいぶ慣れたようです、写真を撮り送ります。

image-20120526194922.png


すぐに電話をしたら、父も母も元気そうで、
電話ごしに小太郎のヒンヒン鳴く声が聞こえる。

大興奮しなければ、会いに行きたいのに、傷口開いたら困るもんね。

薬も嫌がらずに飲むし、いっぱい食欲もあるみたいで、安心。


その後、いろいろ調べていたら、
何で、去年の夏に無理矢理でも病院に連れていかなかったんだろうとか、このまま会えなくなったら嫌だ、、、と思ってたら、
また父からメールが。


小太郎が今ご飯をがつがつ食べています、病院では何も食べなかったようです、家に帰ってやっと落ち着いたようです、エリザベスが気になって寝れないみたいです、タオルをくわえてうろうろとしています。



寝る直前のうろうろする様子がうかびます。
とりあえず、手術、入院頑張ったね、小太郎!

posted by まゐ at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする blogram投票ボタン